スキップしてメイン コンテンツに移動

赤ちゃんの時、ハイハイしてましたか?

揉まずに治す専門家
院長  川島です。

私は良い姿勢のもとは、
赤ちゃんの頃から始まっていると考えてます。

特に重要なのが、「ハイハイ」です。
四つん這いでどれだけ長い時間動いたかで、
その子の5年後、10年後の姿勢が猫背になるか、
ならないかの分かれ道になります。

当院にご来院される、猫背になってしまっている子供達は、
ハイハイをしていない割合が8割を超えていました。

これは何か関係性があると思い、ハイハイについて
調べたところ、ハイハイするためには
腹筋、背筋両方の筋力が必要なようです。

何が言いたいかというと、
いい姿勢というのは、もちろん骨を治すことも大事ですが、
そのいい姿勢を支える体幹(腹筋、背筋)も非常に重要なのです。


あなたの子供は、赤ちゃんの頃
ハイハイをせずに、いきなり立ちませんでしたか?
「うちの子は成長が早い! 」
「将来が楽しみだ」
厳しく言うようですが、そのままいくと猫背になる可能性が高いです。
私のデータ上にも出ています。

子供の姿勢矯正と同時進行で
産後の骨盤矯正に来られた方全員に、
・抱っこの仕方
・ハイハイの重要性
・抱っこ紐を選ぶ基準
をお伝えしています。

決して無理強いをしているわけではありませんが、
ご提案し、実践して頂いた方々からは好評を頂いてます。

世の中には曖昧な情報、ネットの情報、流行っている商品など
様々な物が溢れていますが、必ずしもそれが正解ではありません。

このブログを運良く読んで頂いたあなたには、
振り回されず本質的な情報をこれからも発信していきます。
そして、曖昧な情報に流されないでください。

迷った時は私を思い出して下さいね。

コメント

このブログの人気の投稿

病院で異常なし、なのに子供の姿勢がめちゃくちゃ悪い! なんで?

揉まずに治す専門家
院長 川島です。

病院で異常なし。

それはそうです。
ただの猫背や側弯(背骨が横に曲がる)などは、
どれだけお子様が日常、グニャグニャに歪んでいても、
レントゲン上では異常とは言えないのです。

どんなものが異常と言われるか。
明らかに骨の形が変わっている、
先天性(生まれる前から)の骨の疾患などは、
画像上形が変わっていますので、
西洋医学的には異常と言われますが、
レントゲンで異常が見つかるお子様は、1割程度ではないでしょうか?

さぁ! 困りましたね。
病院で異常がない、だけどめちゃくちゃうちの子、
ゆがみまくっている!(^-^;

どこに行ったらいいの?

下関市、北九州付近では当院だけではないでしょうか?
「子どもの姿勢矯正」を行っているのは(#^^#)
宇部市には1件あるようですね!

お子様の未来を変えてあげることが出来るのは、
親であるあなたです。
姿勢の歪みは、成長と共に治っていくものではありません。
選択肢はご提示しました。
あとは、あなたの選択しだい。

お待ちしております!

子ども姿勢矯正 HP はこちらから!
⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓
子どもの姿勢矯正 HP

子供の足が、すごい内股になっていて不安になっているお母様へ

揉まずに治す専門家
院長 川島です。

歩いているとき、すごい内股なんです。

靴底のすり減り方がすごいんです。

足に魚の目ができて痛そうなんです。

靴屋さんに行ったら、偏平足って言われました。

客観的に見ても、歩き方がおかしいです。

お子様の足についての、お母様の心配事の例を挙げてみました。
あなたに心当たりはありますか?

ある方はお子様の足が、O脚かX脚になっている可能性が高いです。

靴を変えてみるのも正解でしょう。
バレーを習わしてみるのも正解。
運動に通わせるのも正解。

ただ、まずは骨の位置を綺麗にした方が
改善するスピードは上がります。

O脚、X脚は、股関節、膝のお皿、足首の関節のねじれから
きていることが多いです。

歪みの強い状態で、負荷の強いスポーツや運動をさせてしまうと、
悪化してしまう場合もあるので注意が必要です(^^)

どう直せしてあげればいいの?

はい!
私を頼ってみて下さい(#^^#)

とは言っても最初っから当院に来るのは
敷居が高いですよね?

そこで【緊急企画】
LINE@ 限定5名相談会を開催します(^^)
ID:@muu1185mで検索
いつも通り「みらい整骨院」にメッセージを送ってください。
お子様の足の形が分かる画像を送ってください。
お子様の足に合った日常ケアの方法を完全無料でお教えします。

困った時はお互いさま。
ぜひ私を頼ってみて下さい(#^^#)
お子様を救えるのは私ではありません。
お母さん、あなたです。

お待ちしております。

子ども姿勢矯正 HP

【重要】治療家の先生にもあまり知られていない、姿勢をよくする3つの骨。

揉まずに治す専門家
院長 川島です。

姿勢を治しに来ているのに、
マッサージ、電気しかしてもらえない。

骨の病気を疑って
レントゲンは撮ったけど、
異常はないらしい。これからどうしたらいいの?


答えは簡単です。

治療家も知らないからです。
姿勢をよくする3つの骨を(^^)

1つ目の骨は、前のブログでも書きましたが
「骨盤」

2つ目は
「肋骨」

3つ目は
「鎖骨」

これらを無視して治療をしたところで、
その場は良くても、何日かすると元に戻ったり、
良い状態を保つことは難しいでしょう。

たぶんあなたはこれら3つの骨を、
姿勢を治すために触られたことはないはずです。

治すために当院に来るか、
来ないで今まで通りの日常を過ごすかは、
あなた次第です。

あなたの理想の体は
あなたにしか実現させることが出来ません。
私はそれをサポートする役目でしかありません。

今までと違う治療で
今までと違う効果を期待する方は、
ぜひ私を頼ってくださいね(^^)/

子どもの姿勢矯正 HPはこちらから
⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓
子どもの姿勢矯正 HP